サイトメニュー

心を病む人が増えています

聴診器

意欲の低下や興味がわかないなどの精神状態が2週間以上続けば、うつ病の可能性があります。更に種類によっては、うつ状態だけでなく躁状態も含まれることもあります。病院選びでは、通いやすさや医療体制の充実度など十分考慮して決めることが大切です。

詳しく見る

良くある精神病の特徴

医者

物事に興味がわかない状態が長く続いた時は、クリニックで治療を受けると改善できる場合が多いです。興味がわかない時は精神科などを利用すると問題に対応できますが、体の不調がないか調べるのも大切なので確認がいります。

詳しく見る

良いクリニックを探す

看護師

仕事のストレスによって、楽しかったことに興味がわかないと感じる様になってしまった時には、うつなどの疑いがあるので、早めに心療内科などで診てもらうことが重要となります。なるべく早い段階で症状に気付いて治療を始めたほうが回復が早くなります。

詳しく見る

意欲の低下が起こる

看護師

無理をさせずに治す

今まで勉強や仕事に意欲的に取り組んでいたのに、いつからか頑張らなくなり興味がわかない時期が長いという方は、うつ病になっている可能性があり早めの対応が大切です。それまでは何事に対しても頑張っていたが、進学や引っ越しなどにより人間関係が変化したことにより、悩みが増えて次第に心の病気になったという方もいます。これまで無理をしてきた反動で心が疲れてしまい、ふとしたきっかけから興味がわかない時期が始まることもあり、それぞれきっかけは様々です。学習意欲の低下や仕事への意欲が下がるばかりか、服装や髪型にも無頓着になり、次第に通勤や通学をしなくなるケースもあります。自分でもあきらかに様子が変化したと感じたら、精神科や心療内科に通院して治療を行うと安心です。家族の目から見ても、外出する機会が減っているのを感じたり、学校や職場へ通わなくなったら通院をすすめたりするといいでしょう。患者本人が外出する意欲を失っていることも多くありますが、メールや電話によるカウンセリングを行なっているクリニックに相談すればアドバイスをもらうことが出来ます。通院先が決まったら移動可能な手段を使い、適した治療方法を行うようにします。電車に乗ることが出来なくなっている場合には、車やタクシーを利用するなど工夫をする事で通院が可能となります。どのような症状がいつ頃から始まっているのかをメモしておき、医師に伝えると診察がスムーズです。女性ならではの悩みがある場合には、女性向けの悩みを得意とするクリニックを選ぶと相談しやすくなります。家族や友人がうつ病であると診断された場合は、周囲の人のサポートが治療の重要な要素になると言えます。特に一緒に暮らしている家族の支えがあると、いろいろなことに対して興味がわかない患者が元どおりになる可能性があります。この場合には、本人がこれまで負担と感じてきたことを再びやらせるのではなく、好きなことをやらせてあげることが大切です。患者の本心ではあまり好きではないことや、これ以上頑張りたくないと感じていたことは距離を置くようにしてあげると良いでしょう。これまでおしゃれを頑張っていた女性の場合では、今までのファッションやメイクを負担に感じ変えたいのならば、好きなメイクやファッションを選ばせるなど患者の意思を尊重してあげるようにします。オシャレに対しても興味がわかない状態が続く場合には、楽に感じる程度に清潔な身だしなみを整えられるようにすると社会に復帰しやすくなります。男性の場合には、身だしなみ程度に髭剃りや理容室でのヘアカットをきちんと行うように促してあげると効果的です。他人との接触が嫌になっている場合には、強制しないようにし本人が外出したい時に出られるようにサポートします。趣味などに関しても、これまでストレスであると感じていたものからは、離れられるようにすることが重要です。外出が可能な状態であれば、近くにある景色の良い場所へ出掛けたり、公園の中を散歩したりするなどストレス解消できるようにしてあげると症状が良くなることもあります。生活のリズムが崩れている場合には、睡眠時間をしっかりとって朝もきちんと起きられるようにサポートするようにします。